TOP > 変わったネズミのヌイグルミ。
 ← いけいけ!クルルさん | TOP | イモムシの食べ方。(ウルトラクイズ罰ゲーム小説)

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 変わったネズミのヌイグルミ。 

本日のログで

ふぃりす>|11番|[ハンチュー]_(・∀・ )))))
Kululu>いらーん@@;
ふぃりす>|チャーちゃんの部屋|[ハンチュー]_(・∀・ )))))

このようなログがありまして。
ふととある1場面が思い浮かんで、マラニョン海賊を探している間に超簡単な短編を仕上げてみました。

まあ戦闘しながら合間合間に書いていたりしたぐらいのお遊びものなので、本当に短いですが興味のある方は続きからどうぞ~。










「姐御様、これ・・・何ですか?」
チェシャネコはアパルタメントの隅に転がっていた黄色い塊を拾い上げた。
「嗚呼、それはハンチュー人形だな。」
見ると、ネズミの被り物をしたヌイグルミの顔は、可愛くデフォルメされているが、頬の傷といいハンスがモデルなのは明らかだ。

「妹殿が作ったものだが、コックの嬢ちゃんの船に投げ込まれたあと投げ返されて、もったいないからお前にどうだ?と言われてもらってきたんだが・・・」
ヌイグルミを見たチェシャネコの顔がうれしそうに輝いているのを見て、ジャバウォックは複雑そうに「・・・よかったな」と苦笑いで呟いた。

「チャーちゃんよっぽどうれしかったのか、あのヌイグルミずっともちあるいてますよ~」
「趣味は人それぞれとは思うが・・・チェシャは変わった趣味だな。」
首をひねるジャバウォックにバンダースナッチは「人の事言えないと思いますけどね~」と呟く。

「ん?何か言ったか?」
「いいえ~、別に何も言ってませんよ~?それよりチャーちゃん戦闘に入ったらあれはどうするのかしら~?」
現在ジャバウォックの船はマラニョン海賊を狙って南下中だ。
「いくらなんでも持ったまま戦わんだろう。部屋にでも置いてるんじゃないか?」



戦闘開始を知らせる鐘が鳴り響いた。
「提督!マラニョン海賊の奇襲です!」
それを聞いたジャバウォックから即檄が飛ぶ。
「待っていたぞ・・・、全員白兵準備に入れ!チェシャ、兵長に回って敵船から積荷を奪う準備を。バンダーはサポートに回れ。」
「了解しました」と言う声と共に2人が持ち場へと走り出す。

(あ・・・これ危ないからしまっておかないと。)
持ち場に行く途中でチェシャネコは持っていたハンチューのヌイグルミを自分の部屋に放り込んだ。
(・・・あれ?何か忘れている気がするけど・・・?)
思い出そうとしたが、今は持ち場につくのが先だ。
チェシャネコはその時だけ人形のことは忘れることにして、持ち場へと足を早めた。

「うーむ、8隻狩っても珍しいものは奪えなかったか」
自ら先頭に立って振るっていたラブリュスを背に戻し、ジャバウォックは一息ついた。
「まあまだ8隻ですしね~、その内珍しいものが取れますよ~。」
バンダースナッチの言葉に頷いて、ジャバウォックは船員達に街に寄航するように伝えた。
「お前らも疲れただろう、暫くは自室で休んでいていいぞ。」
「じゃあ、チャーちゃんと交代でやすみます~。チャーちゃん先に休んできていいわよ~」
わかりました、と返事をしてチェシャネコはあたりを見回した。

「あの、ミストルティンを見ませんでしたか?」
いつもなら戦闘に入ると何故かうれしそうに船員達の間を走り回って、戦闘が終わると必ずチェシャネコの元に戻ってきている黒い猫の姿が見当たらない。
「アレの事だから戦闘に巻き込まれてどうこうなっているはずが無いと思うが・・・というか、今日は戦闘に入ってから一度も見ていない気がするぞ?」
「そう言えば、私もみてませんね~」

きょろきょろと辺りを見回していたチェシャネコが、2人の台詞を聞いてふと思い出したように立ち止まった。
「そう言えば・・・・」
いつもは戦闘が始まると、自由にミストルティンが出入りできるように、部屋のドアを開けておくのだが、今日は人形を入れた時に閉じてしまった気がする。
「ってことはチャーちゃんの部屋にいるのね~、よかった。」
すいません、とチェシャネコは2人に頭を下げると、部屋へと戻っていった。

「いつも戦闘中になると船員の間を走り回っているあのネコが、部屋にか・・・」
「さぞかし暴れまわったでしょうね~・・・あ。」
バンダースナッチもやっと気が付いたらしい。

その後チェシャネコの部屋から大きな悲鳴が響いた事は言うまでもない。
スポンサーサイト
[2007.11.13(Tue) 01:36] 短編小説Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

by S. Hadoram
罰ゲームツアー土産の後遺症で、
ろくに海に出られない私が惨状sh参上しましたよ。orz
ジャバさんのアパートでミストルティンの姿を拝める日も近いかな。
楽しみです。

by エジンバラ@姐御の中身
本物のお土産はまだ題字にとってあるという事実。
イモムシを持って海への復帰をお待ちしております(逆効果

とりあえず姐御的には猛禽類か肉食獣系が番犬代わりとして欲しいらしい。
あと、密かに姐御は鳥が好きだと言う設定だ(誰も知らない事実)

ネコは黒かったら飼うかもしれないなぁ。

コメントを閉じる▲

 ← いけいけ!クルルさん | TOP | イモムシの食べ方。(ウルトラクイズ罰ゲーム小説)

COMMENT

罰ゲームツアー土産の後遺症で、
ろくに海に出られない私が惨状sh参上しましたよ。orz
ジャバさんのアパートでミストルティンの姿を拝める日も近いかな。
楽しみです。
[ 2007.11.15(Thu) 13:15] URL | S. Hadoram #WO.8kER. | EDIT |

本物のお土産はまだ題字にとってあるという事実。
イモムシを持って海への復帰をお待ちしております(逆効果

とりあえず姐御的には猛禽類か肉食獣系が番犬代わりとして欲しいらしい。
あと、密かに姐御は鳥が好きだと言う設定だ(誰も知らない事実)

ネコは黒かったら飼うかもしれないなぁ。
[ 2007.11.15(Thu) 21:16] URL | エジンバラ@姐御の中身 #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://edin.blog52.fc2.com/tb.php/64-3f5cc2b7
 ← いけいけ!クルルさん | TOP | イモムシの食べ方。(ウルトラクイズ罰ゲーム小説)

PROFILE

CALENDAR  

ARCHIVE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

LINK LIST

CATEGORY

SEARCH

RSS

Powered By

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。